2019年からTwitterはじめました。参考になる記事を書いていきます!

運動中も快適!一流スポーツブランドマスクの買い方と比較

スポーツマスクイメージ

コロナウイルスが蔓延し、感染症対策で最も必要不可欠な「マスク」。

マスクの需要は世界的に高くなり、様々なデザイン性あるマスクも販売されるようになって来ました。

 

どうせならかっこいいマスクをしたい!おしゃれなマスクをしたい!と考える人も多いでしょう。

 

 

そんな中発売されて話題になったユニクロの「エアリズムマスク」。

ユニクロという一流企業が販売するマスクとあって、その性能など特に確認することなく購入される人も多かった。

やはり一流企業の販売力は凄い。

 

 

勿論一流スポーツブランドも相次いでマスクを販売しています。

どのメーカーがどんなマスクを出してるの?

使用感・感想はどうなのか?

ここにまとめて、それぞれの比較を出したいと思います。

 

スポーツブランドマスクをつけて運動されたい方は是非お読みください。

MEMO
多くの商品が販売まもない商品のため、感想についてはサンプルが集まり次第公開します。

 

UAスポーツマスク(UNDER ARMOUR)

UAスポーツマスク

 

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)が発売するスポーツマスク。

発売日は2020年9月より。

価格は税込3,300円。

 

気になる特徴は以下の通り。

  • 通気性が高く涼しい
  • 呼吸がしやすい設計
  • メガネの曇りを防ぐ
  • 冷間素材適用(アイソチル)
  • 抗菌加工
  • 撥水加工(雨の時もOK)
  • 手洗い可能
  • 速乾性
  • 1カラー4サイズ
  • かぜ・花粉・ほこり等に効果

 

価格はやや高く設定されているが、スポーツをする人にとってはストレスを抑える仕様となっている。

サイズは4サイズ展開されているため、マスク自体のアジャスト機能はないです。

created by Rinker
UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
¥2,380 (2021/10/21 05:25:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ASICS RUNNERS FACE COVER(アシックス)

アシックスマスク

 

アシックスが開発したASICS RUNNERS FACE COVER(アシックスランナーズフェイスカバー)。

発売日は2020年9月中旬。

価格は税込4,180円

 

表に出ている特徴は以下の通り。

  • ランナーのために開発
  • 呼吸しやすい立体設計
  • 抗菌加工
  • 速乾性
  • ゴム紐調整可能
  • 1カラー1サイズ
  • 2層構造でムレを抑える

 

特にこのマスクで特出すべき特徴は【着用しながら走る実験で、まるでマスクをつけていないような快適性があると証明されたこと】。

これは、スポーツをしていく上で非常に重要なところですのでポジティブな要素になります。

 

色とサイズは1種類しかありませんが、ゴム紐でサイズ感を調整できるのも嬉しいポイント。

国産メーカーアシックスの技術が生かされたマスクですね。

参考 ランナーズフェイスマスクアシックス

 

adidas FACE COVER(アディダス)

アディダスマスク

 

アディダスが発売したadidas FACE COVER(アディダス フェイス カバー)

これまではアディダスヨーロッパUKサイトで販売中でしたが、2020年8月7日より国内の店頭で販売が決定。

8月1日からアディダスアプリで予約後、購入が可能になる仕組み。

 

価格は1セット3枚で日本円で1,529円ほどでややリーズナブル。

 

  • 黒・青の2色
  • サイズは大人用と子供用の2サイズ
  • 洗濯可能
  • 通気性に優れている
  • 2層マスク
  • 色は黒と青

アディダスのマスクについては2020年7月にプレゼントキャンペーンをしていて、国内在住の人はこの方法でしかマスクを手に入れることができませんでした。もちろん現在は購入が可能になっています。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥1,422 (2021/10/21 05:25:13時点 Amazon調べ-詳細)

NB Face Mask V3(ニューバランス)

ニューバランスマスク

 

スニーカー販売でお馴染みのニューバランス。

価格は1セット3枚で24.99ドル日本円で2,700円ほどです。

 

  • 通気性に優れている
  • 洗濯可能
  • 伸縮が効くイヤーループ
  • 3層構造マスク
  • 色はグレーのみ確認済み

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥2,707 (2021/10/21 05:25:14時点 Amazon調べ-詳細)

スポーツフェイスマスクAC480(ヨネックス)

YONEX フェイスマスク

 

テニスやバドミントン競技でもお馴染みのヨネックス。

価格は1枚税込924円。

価格も安く使用素材も特徴があります。

 

  • 生地にキシリトール配合
  • 涼感素材採用(ベリークール)
  • サイズ調節可
  • 抗菌加工
  • 洗濯可能
  • カラー4色(ブラック、アイスグレー、ピンク、ライトブルー)

 

2020年6月15日に予約開始され、ヨネックスの公式オンラインショップやヨネックスショールームでの抽選販売があったのですが、あっという間に初期販売数が完売しました。

順次生産し販売をしていく模様です。

今後の販売についてはホームページをチェックされることをお勧めします。

参考 トップページYONEX

 

フェイスマスク(VENUM)

VENUM FACE MASK

 

フランス発の格闘ブランドとして人気のあるVENUM(ヴェナム)。

価格は1枚最大で1500円ほど。

数多いデザインを展開してるので、複数持ちにはいいかもしれない。

 

  • 3層構造
  • 洗濯可能(60℃で最低30分間)
  • 5モデル
  • 低温スチームアイロン使用可

 

格闘技ブランドということで、激しい動きにも対応できるマスク。

商品はファッション性にも富んでおり、このマスクもおしゃれ感を感じることができます。

 

公式においては洗濯10回可能と書いており、他のマスクと比較すると洗濯に対する耐久は弱いかもしれません。

洗濯ネットに入れて選択されることをオススメします。

参考 VENUMマスクVENUM公式

 

FACE COVER 3-PACK(Reebok)

FACE COVER 3-PACK

 

リーボックが販売のスポーツフェイスマスク。

2020年8月頭現在は、海外での販売がメインとなっていましたが現在は国内でも購入可能となっています。

  • 2層構造
  • 通気性良し
  • 洗濯可能
  • 3枚入り
  • カラーは黒のみ

created by Rinker
Reebok(リーボック)
¥1,780 (2021/10/21 05:25:15時点 Amazon調べ-詳細)

フェイスマスク(プーマ)

PUMA マスク

 

一流スポーツメーカープーマの販売するフェイスマスク。

価格は2枚で1,650円前後。

 

  • 2枚セット
  • 3層構造
  • 洗濯可能
  • 耳紐調節可能
  • カラーは黒のみ
  • 運動時には適さない

プーマの商品ではあるが、なぜか運動時に適さない構造のマスクです。

運動時に適したマスクかと思いきや…

 

一般使用を目的としたマスクで、デザインを気に入った方がつけるマスクになるでしょう。

MIZUNO MOUTH COVER(ミズノ)

MIZUNO MOUTH COVER

 

国産メーカーミズノではマスクの生産を積極的に行っています。

デザインの種類も豊富で老若男女全てに満足されるようなレパートリーとなっています。

価格は単色タイプが税込935円、プリントタイプが990円、アイスタッチが1,320円。

 

  • 単色・プリント・アイスタッチの3商品
  • 「アイスタッチ」は接触涼感素材
  • デザインは合計28種類
  • S ・M・Lの3サイズ
  • 水着・陸上ウエア採用素材
  • 2WAYストレッチ素材
  • 手洗い洗濯可能

 

デザインの多さは20種類。(2020年8月現在)

 

 

スポーツマスク(ZETT)

ZETTマスク

 

野球関連アイテムでも有名なZETT。

日本中の野球少年はZETTの商品を使用してきたでしょうね。

そんな一流スポーツブランドZETTからもスポーツマスクが販売されています。

 

価格はロゴあり、ロゴなしモデルで各3色展開。

ロゴ無しで1,100円ほど、ロゴありで1,600円ほどと違うが、カッコよさを追求するなら断然ロゴありでしょう。

 

  • サイズはS・Mの2サイズ
  • 呼吸しやすく柔らか素材
  • 形状安定性に優れている
  • 洗濯可能
  • 消臭機能
  • 吸湿速乾機能

2サイズ(大人用と子供&女性用)でアジャスト(調節)機能がないため、日頃から大きいサイズを使用している人からしたら、若干小さく感じることがあるかもしれません。

 

速乾機能や消臭機能が備わっているので、スポーツ時に着用することにも推奨される。

Amazonなどのネットサイトでも気軽に購入できることもメリット。

 

オススメマスクのメーカーは?

 

様々なメリットデメリット、購入のしやすさや価格面を考えた上での「押忍リート」的オススメ商品ランキングは以下の通りです。

  1. ミズノ MIZUNO MOUTH COVER
  2. ヨネックス スポーツフェイスマスクAC480
  3. ZETT スポーツマスク

以上がオススメスポーツマスクベスト3です。

価格面と機能性の安定感を考えた上でのランキングとなります。

 

 

すぐ購入して使いたいと言うことであれば、【VENUM】【ZETT】を推奨します

デザイン性を重視したいのであれば【VENUM】【ミズノ】【ZETTのロゴあり】を推奨します。

機能面を重視するのであれば【UNDER ARMOUR】【アシックス】【ミズノ】【ヨネックス】を推奨します。

 

やはり一番重要なのはトレーニングをいている時でも安定して呼吸が快適にできると言う点。

 

少し価格が張っても良いのであれば、ランナー用に設計された国産メーカーのアシックスがオススメです。

PUMAは何故かスポーツマスクの販売ではなかったので除外しましょう。(今後に期待)

 

今後は未発売メーカーにも期待

マスクイメージ

MEMO
どの商品も感染を完全に防げるものではない旨承知おき下さい。

 

2020年8月頭現在では、様々なメーカーがマスク販売に着手しています。

まだ予約抽選販売に限定されるメーカーも多いなど、流通量としては満足できません。

 

国外で販売しているメーカーについても1枚あたりの価格も割高で手を出しにくい印象にあります。

そのため、実際に手に入れやすいマスクとしてはネット通販や、国産メーカーマスクが主になるでしょう。

 

 

今後は現在マスク未発売の「NIKE」あたりにも期待がかかりますね。

国産メーカーのデサント(DESCENTE)はマスクの上からつける「マスクカバー」の販売のみとなっていますので、スポーツマスク本体の開発販売にも期待がかかります。

今後の販売状況については、各社のホームページに注目ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です