2019年からTwitterはじめました。参考になる記事を書いていきます!

世界男女別・アスリート年収ランキング2018

a149a63382174802f1964b955a2f9b17_s

誰もが憧れる高額年収!
世界の中でも一握りの人しか得られないのは分かっていますが・・・うらやましい・・・

今回は、男女別のアスリート高額年収ランキング2018です。

男性アスリートはよく聞いたりしますが、女性年収はあまり聞きませんよね。

共にベスト5となります。

どちらも是非ご覧下さい。

男性アスリート年収ランキング2018

1:フロイド・メイウェザーJr(ボクシング/アメリカ)

推定 年収320億円

話題にもなった世界が注目した対マニーパッキャオ戦。

たった36分でのファイトマネーが300億円越えとも言われた怪物です。
もちろん2人合わせての価格ではありますが、完全に規格外です!

おおよその分配はパッキャオ220億円程との言われていますので、試合36分間から時給を換算するとおよそ300億円越えと言う事になります。

聞いた事ありますか?時給300億円・・・。

何も言えないっす!

しかもボクシングの試合数は少ないのですから改めてボクシングマネーの凄さに驚きです。

4:リオネル・メッシ(サッカー/アルゼンチン)

推定 年収125億円

クリスティアーノ・ロナウドと同じく、現代のサッカー界を牽引するスター。

身長170センチとサッカー選手の中では小柄ながら、足下の技術は世界一。

足にボールが張り付いているようなドリブルで、相手エリアを脅かす。

バロンドールを5度受賞で、母国英雄マラドーナをも虜にした・・・

 

3:クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ポルトガル)

推定 年収122億円

サッカー界の至宝。

サッカー・銀河系集団レアルマドリードからユベントスに移籍したスーパースター。

世界年間最優秀選手賞【バロンドール】に5度も受賞しています。

甘いルックスに、185センチのスタイル抜群の出で立ちで男性はもちろん、女性人気も凄まじい物があります。

 

コナー・マクレガー(総合格闘技/アイルランド)

打撃でも寝技でもなんでも来いという総合格闘技で抜群の強さを誇る選手。

トリッキーな技で試合を盛り上げることもできるエンターテイナーな部分もある。

175センチと格闘界の中では小柄な部類だが、その強さは折り紙つき。

 

5:ネイマールJr(サッカー/ブラジル)

推定 年収101億円

サッカー界のスーパースターがまたもランクイン。

ネイマールは現代のブラジルを統率する中心人物。

度々問題行動などあるが、ブラジル仕込みの華麗なテクニックは観る者を魅了する。

女性アスリート年収ランキング2018

1:セリーナ・ウィリアムズ(テニス/アメリカ)

推定 年収29億円

テニス界では超有名。名プレーヤー「ヴィーナス・ウィリアムズ」を姉に持つスター。

そのワイルドなルックスの通り、パワー溢れるテニスは見る物を惹き付ける!

グランドスラム合計優勝回数は男女合わせても1位。

生涯獲得賞金は女子スポーツ界で1位と凄い人です。

2:キャロライン・ウォズニアッキ(テニス/デンマーク)

推定 年収14億円

2010・2011シーズンでは1位を記録するなど、間違いなく実力者です。

ピークを超えてきている部分はありますが、依然実力者でまだ20代後半。

3:スローン・スティーブンス(テニス/アメリカ)

推定 年収12億円

全米オープンシングルで優勝したりしてきたこれからの期待の星。

これから20代後半となっていくが、WTAランキング最高位はシングルス3位をおさめるなどその実力は経験と共に上がっていくとみられる。

4:ガルビネ・ムグルサ(テニス/スペイン)

推定 年収12億円

女性のランキングはテニスプレーヤーが多い。

スペインを代表するムグルサ。

全仏・ウィンブルドンなど制覇している実力者で182センチの長身にも恵まれている。

5:マリア・シャラポア(テニス/ロシア)

推定 年収11億円

妖精マリア・シャラポワ。

ピークの頃と比較するとその年収は半分以下ほどとなりますが、依然凄い!

シャラポワはその美貌と188センチもの身長で、モデルとしても活躍したりします。

テニスでは、栄誉と言えるグランドスラム制覇(4大大会制覇)を成し遂げた選手。

 

日本選手の高額年収は?

日本人として知りたい所は、日本人選手の年収ですね。

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手は推定25億円

テニス錦織圭選手は推定年収36億円。で錦織選手は日本人トップとなります。

まとめ

まとめといっても記事の通りです。

世界的に見ても、ボクシングマネー、サッカー、テニスと・・・

卓越しすぎる結果を残すアスリートは、やはり報酬も破格なのですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Follow Twitter
SHARE